【神奈川県・箱根】神社のお水

都内から1時間半ほどで行ける観光地、箱根。

温泉、大涌谷や芦ノ湖、すすき野原などの自然、ガラス館や星の王子様の美術館など、見るところがぎゅっとしていて、コンパクトに周れるのが魅力の観光地。

ぷい子がもっと小さい頃、「ばんじょーのたきっ!せんじーんのやまっ!」と意味も分からないだろうに元気に歌っていたのが懐かしいです。

湯水が溢れる稀有な土地

日本に住んでいたら当たり前かもしれない、ふんだんなお水。

お水が美味しいから、日本酒やお豆腐、お蕎麦も名品が生まれます。

最近、旅先やドライブ先で湧き水を汲むのが自分の中で流行っています。

北海道では、羊蹄山のふもとで湧き水を水筒に詰めて持って帰りました。

たび子ブログ【北海道・羊蹄山】湧水の恵み

https://mata-tab-i.com/2022/01/16/youteizan/

神奈川県は温泉と湧き水がセットになっているところが幾つかあって、七沢温泉で水筒に入れさせてもらたお水が美味しくて、今度は10Lのジャグを買って箱根に行ってみました。

知り合いに教えてもらった、湧き水の中でも、体にとても良さそうな神社の水です。

神社の水①「嬰寿の名水」

箱根の強羅近くの和菓子屋さん「孫三総本家・花詩」のお店の前でお水をもらう事ができます。

裏手にもホースからお水を汲める所があって、他に誰かがいても待つ事はほとんどありません。

まずは「豊明神宮」と幟が立つ権現宮三社さんに「お水をもらいます」とお参り。

岩の上に小さな祠があるだけの小さな神社です。和菓子屋さんのあるあたりは三社神社の境内だったそうです。ここから湧くお水は「体内の不純物を流し、心身を浄化させ」るそう。

そして、和菓子屋さんでお菓子を購入。私はよもぎが好きなので、「くさのもち」を購入。

何やらポップにフライパンで焼くのもアリと書いています。でも、今すぐ食べたい。

和菓子を買ったので、お水汲み開始です。

汲んでいる近くを猫がうろうろ。

水量が豊富なので、ジャグも幾つか持ってきた水筒もあっという間に水がたまり、あっけなく終了。

ぷい子が「もう帰るの?」と言っています。

「自然の湧き水で富士山麓に積もった雪が、長い年月をかけ岩石により浄化され、この地に湧き出している箱根有数の銘水です。」

水道の感覚で出しっぱなしにしている気分になって水筒やジャグに詰める時に焦る気持ちになりましたが、飲める水が延々と出て来て使わない分は下水に流れていくなんて、本当に日本てすごいやって思います。

海外に旅行した時に、水道からの水は沸かしてから飲むとかミネラルウォータを買うとかした経験をしたので余計にそう思いました。

水汲みが終わってホッとしたので、車の中で休憩。先ほど買った「くさのもち」を頂きます。

柔らかなお餅を食べて、「羽二重餅」という単語が思い浮かびました。こんなに柔らかなお餅はなかなかお目にかからない。湧き水を使って作られた和菓子は、大事に食べたくなる印象でした。

神社の水②箱根神社新宮、九頭龍神社

色々なサイトを見て、飲める事を確認したので、空の水筒をぷい子と私、それぞれ持って行きました。

箱根には何度も来た事はありますが、箱根神社は初めてかも。

目的の龍神水は、新宮の九頭龍神社の方にあるらしいです。

お正月の時期も過ぎましたが、破魔矢を買って帰る方を見かけました。

参道に入ると、見上げるばかりの木が並んで神社特有の澄んだ空気に満ちていました。

神社の木を触るとエネルギーがもらえそうな気がして、途中で大きな木があったので、触ってみました。しめ縄のされた「矢立杉」は囲いがしてあって手が届きませんが、見るだけでもパワーをもらえそう。

たいてい、神社で不思議な体験をしたり何かが見えるぷい子ですが、この時も「木に触ったら丸いのが手に当たった」と言っていました。説明をされましたが、木の表面に球状の何かがあったらしいです。

ぷい子の不思議エピソード

  • 「みんな神様に背中を向けて結婚式してる」静岡県・富士山本宮浅間神社にて
  • 「男の神様があぐらかいて座ってる」沖縄県・浜比嘉島シルミチューにて
  • 「この竹さわって!びりびり来る」熊本県・上色見熊野座神社にて

箱根神社にお詣りして、芦ノ湖の龍神を祀っている九頭龍神社に移動しました。

お詣りして、帰り道に龍神水を発見。

「九頭龍」だけあって、龍神水の出る口も九つ並んでいます。

ただ・・・お水を飲んでいる人は誰もいません。

「学校の水道の蛇口がこれだったらいいな」と大学生らしき若者が話しています。

ふと、「本当にこれ飲めるのかな」と疑念が生じ、近くの立て看板を読んでみましたが、飲めるとは書いておらず。ここの場所でいいんだよね?

不勉強の結果、「手を洗う用の水を飲んだり水筒に入れたりしていたらよろしくない」と思ったのと、寒さと「お蕎麦屋さんにいつ行くの」とずーっと言っているぷい子に心が折れ、龍神水で手を濡らして終わり。ほのかに温かいお水で、パワーが宿っている気がしました。

後日談:後から調べたら場所は合っていました(右下の赤い〇)。

しかも水を持って帰れるように空のペットボトルまで販売されているではありませんか。

社務所の近くには飲めないけれど「清め湯」という触って「元気」をもらえるお湯があるそう。

「何事にも立ち向かう強い心身」を授かると書かれております。

心だけでなく身もセットは重要。

また今度行こう。。

せっかくジャグも水筒も持って来ていたので、この日は箱根神社から「嬰寿の水」に移動。

なんか人もいないし、こちらが落ち着く。ジャグと水筒を満タンにして、前にいた猫にまた会って帰りました。

(更新:2022.02.05)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中