また旅たび子の「体験型ブログ」

【山梨県】湧水シリーズ・忍野八海

富士マリオット山中湖から帰り道、箱根のいつもの湧き水に立ち寄ろうと思ったのですが、せっかく山梨県まで足を運んでいるので、山中湖からほど近い、銘水で有名な「忍野八海」にお水をもらいに行きました。

前回来たのは、2019年だったかなぁ。

私とぷい子以外、全員アジア人か?と思うほど日本人が居ませんでした。

ごった返した感じでザ観光地という雰囲気。

お水をもらう前に腹ごしらえ

山中湖の名物「ほうとう」。我々が行くのは決まって「浅間茶屋(せんげんちゃや)」さんです。本店のお庭が素敵です。今回は山中湖店へ。

到着した時は、外気温が1度でしたが、雪がちらつき始めました。ちょうど陽が当たって、北海道の旭川で見たような、ダイヤモンドダストみたいにキラキラしています。

上着なしで車から降りたので、寒い。

さっそく中に入ります。

メニューはほうとう単品かご飯などがセットの定食を選びます。

今まで気づいていなかったのですが、出されたお水の美味しいこと!

ピッチャーで置いておいてほしかったです。

豚肉と野菜入りのほうとうで温まり、雪が残る山中湖を眺めてから出発です。駐車場には四国のナンバーの車が停まっていました。遠路はるばる。

忍野八海と富士山のコラボ

忍野八海の駐車場はあちこちにありますが、近隣住民の取り決めなのか、どこに停めても同じ料金。

車を停めてから、水筒を抱えて歩きます。

いつも思うのですが、忍野八海の水は本当に透明で神秘的。少々、怖いとも思ってしまいます。

ありがたみから小銭を投げ入れたくなるのも分かりますが、水質保持の為に金属でできた貨幣を入れるのはNG。

売店の中を通って、泉側の出口を出た箇所にお水が岩場から流れていて水汲みができます。容器も販売されてました。

通路が狭いのと水が出てくる場所が2ヶ所しかないので順番待ちが発生。勝手に圧を感じて写真を撮るのを忘れました。

もう一箇所は泉の向こう側。龍の形の蛇口が並びます。

向こうに見える富士山が美しく、見守られているような気持ちになります。彩雲が出ていました。

この日は「富士山の日」でした。

帰り道、カメラと三脚を持った人を何人も見かけ、振り返ってみると夕方にかけて空の色が変わっていく中に富士山があり、これは車を停めて眺めたい!と思いました。

しかし、山中湖沿いの一本道はなかなか路駐もできず、カーブするうちに富士山も見えなくなり…。

再度、富士山の気配を感じた場所で右折をして、小さな路地に入って行きました。

砂利道を進むと、正面に富士山が。

寒いけど、車の外に出て写真を撮りました。

凍る湖面の向こう側に夕日と富士山

帰ってからネットを見ていて、検索候補に「富士山の日」と出てきたので調べると、今日がたまたまその日でした。

楽しい一泊の旅のキーワードは富士山で決まり🗻

【神奈川県】寒川神社(不思議シリーズ)

  • 相模國一の宮
  • 御利益:八方除け

あれよという間に参拝のご縁

鹿島神宮に行きたいと思ってます。

でも、その前に一ノ宮の寒川神社に寄ってからにしようと計画していました。

鍼灸に時々通っているのですが、GWの予定の話から、神社に行く話になりました。

(この鍼灸師さんとの出会いも偶然で、私の両親と同郷の方でした。あそこのお好み焼きが美味しいとか、かなりローカルな話が出来ます)

鍼灸師さんが寒川神社に行ってみたいと言い出し、あら、同じと思っていました。

外でコーヒー休暇をしていたら

気温が高い日だったので、鍼灸が終わってからカフェでアイスカフェオレを買って、屋外のベンチで休憩しました。

飲み終わり、顔をあげると向こうを歩いていた女性のカバンに吊ってある白いお守りが目に入りました。

たまたま駅の方角がそちらだったので歩いて行くうちに、その女性に追いついて、気になったので白いお守りがどこの神社のか見てみました。

ここから近ければ行ってみようとしたのですが、パッと見、何と書いてあるか分かりません。

あまり見ると、怪しいので限界はありましたが、お守りからヒントを得て神社の名前が分かりました。

ちょっと距離があって自宅からも遠いので、そこの神社はまた今度にしました。

ご縁があった一の宮へ

その後、用事があってJR相模線に乗りました。電車が出たばかりで次の出発までかなり時間があります。暇なので、車内に表示された路線図を眺めていると、「寒川」と書いてあります。

寒川って、神社の地名と同じなので、もしかしてこのまま乗っていると、最寄駅に行けたりする?と思って調べてみました。

寒川神社の最寄駅はJR宮山駅

調べてみると、寒川神社の最寄駅は寒川駅の一つ隣り、宮山という駅でした。

用事も終わったし、行ってみよう。

鍼灸師さんと寒川神社の話をした4時間後、その地に行く事になりました。

お天気もよく、参拝は午後になりましたが、太陽の光がたくさん溢れています。

駅から550メートルとの看板を見て、歩いて行きました。すぐに鳥居まで辿り着きました。

お天気のお蔭で新緑がとても美しいです。

今日は、ご縁で外出先から直接来たので、北口本宮冨士浅間神社で購入した御朱印帳を持って来ていません。

御朱印の書置き(あらかじめ和紙に書いてある)があればいいなぁと思いながら歩いていました。

カーブした橋の向こうに鳥居が見えます。

清々しい空気を感じました。

鳥居をくぐると、皇室に所縁のある樹木があちこちにありました。安政の地震で倒れた古い鳥居の上の部分も道の右側に置いてありました。

お願いごとと祈祷

立派な楼門をくぐって本殿に近づきます。

平日で人が少ないので、高齢の男性がお参りを終えるまで離れた位置で待っていました。

その男性が移動したので、本殿に近づくと、神主さんがいて、まさに祈祷が始まるところでした。

「かしこみ〜、かしこみ〜」と神主さんの声と共にお願い事が出来て、より神様に届いていく気がしました。

拝殿の中は撮影禁止と書いてあったので画像は無いですが、鈴のシャララ〜ンという音も心地良く、しばし見ていました。

※行った先の神社で祈祷が始まったり七五三や結婚式をしていると、神様からの合図らしいです。

過去の神社訪問時

  • 富士山本宮浅間神社(静岡県)→結婚式
  • 伊勢神宮(三重県)→ ご祈祷
  • 上色見熊野座神社(熊本県)→ 地元の企業の祈祷会
  • 善光寺(長野県)→門前町で結婚式の披露宴
  • 北口本宮冨士浅間神社(山梨県)→祈祷の帰りの着物の方々
  • 波の上宮(沖縄県)→結婚式?カメラマンがいた

旅先でお祭りや打ち上げ花火に会う事もよくあります。

  • 獅子舞、バサラ祭り(香川県)
  • 練り歩き(愛媛県)
  • 練り歩き(沖縄県)
  • 白い狐の舞い(神奈川県)
  • 打ち上げ花火(奄美大島)
  • 打ち上げ花火(熱海)
  • 打ち上げ花火(山梨県)
  • 打ち上げ花火(沖縄県)

お守りと御朱印

電車の中で寒川神社のホームページを見ましたが、「八方除」の御神徳があると書いてありました。万能薬みたいなもの?

御朱印の書置きとお守りをぷい子と私用に書いたいと思っていました。

お参りが済んだので、社務所のお守り売り場へ。

パッと見て気になるお参りを買うと良いと聞いたので、遠目にあれにしようと決めて近づいたのですが、やっぱり隣りのにしようと巫女さんに「これを下さい」と伝えると「お願い事の内容によって色が違います。こちらの色で良いですか?」と聞かれました。

え、そうなの?と色別の祈願内容を確認すると、最初に遠目に見て決めた方の色がお願い事とぴったりでした。

という事でやはり始めに目についた色のお守りを購入しました。

御朱印は限定と通常がある

末社にもご参拝

新緑の美しさにワクワクしたまま帰ろうとしていましたが、駐車場の方角に歩いていたので、元の来た道に戻ろうとしました。

元の道につながる細い道を歩いていると、向こうに小さな鳥居が見えました。

大きな一の宮の隣りに地元の小さな神社があるのだろうかと近づいてみると、「宮山神社」と書いてあります。摂社や末社にもお参りすると良いらしく、こちらの宮山神社にも参拝。

陽があたる池に鴨が泳いでいて、美しいのひとこと。

祠の前で手を合わせていると、話し声が聞こえました。振り返ると神主さんが二人、こちらにやって来ます。

お餅とお蕎麦

伊勢神宮の名物、赤福を思い出させるようなこし餡のお餅「八福餅」を買って帰りました。

駅に向かう途中のお蕎麦屋さんにも立ち寄り。

箱根でもとろろ蕎麦を食べるのが慣例になっていますが、ここ寒川でも注文してみました。

めちゃくちゃ美味しい!!

ここ数年食べたお蕎麦の中で一番美味しいと思いました。

誰かと話した訳ではありませんが、出会いの多い参拝になりました。

◉ 寒川神社 神奈川県高座郡寒川町宮山3916


ブログをフォローしてください

新しいコンテンツを直接メールでお届けします。